hinodaiの日記

2019/7に新たに公開されたリステップの非公式wiki(wikiwikiサーバー)を「新wiki」、2019/5に閉鎖されたwiki(gamerchサーバー)を「旧wiki」表記に修正しました。

リステップ数値表更新再開します

更新中

Re:ステージ!プリズムステップ 全曲譜面数値表 - Google スプレッドシート
年表は新wikiが充実しているので、そのすき間を埋める形で作成予定

更新完了、停止

リステップ ボイス一覧 - Google スプレッドシート
起動画面レアボイスはほかの人がまとめているため除外

近況

色々考えがあり、SNSおよびリアルでの活動を縮小します。
自分のコミュニケーションには他人の立場に立てない等問題があり、リステ界隈の方に迷惑をかけてしまいました。申し訳ありませんでした。

4月の雑記

  • 2019年2月の記事について、内容を要約し短縮しました。
  • 今後同人イベントがどうなるか分からないため、新wikiの編集と既存文書の編集に力を入れます。
  • Re:Yuki氏のリステッププレイ動画がすべて消えていたのを確認しました…再開したようです。お疲れ様です
  • 約一年前の復帰前に呟いた内容が鍵垢から何度かお気に入りされたため某氏と悟り警告を兼ね愚痴ったのを思い出した。

こだわりとモノと場

ゲーセンという場

2000年の頃はデパートのゲームコーナーに必ずと言っていいほど5鍵盤の方のbeatmania太鼓の達人の様な音ゲーが置いてあった。残念ながらハマり始めた頃は6thmixの時期で音ゲーブームは終わりかけていたころだった。
大学時代は大阪に居た。IIDXのバージョンで言うと9~15辺りになると思う。活動範囲は狭かったが15店舗ぐらいゲーセンには行った。この頃はコナミナムコの2強状態で、segaその他が音ゲーには本格的には参入していなかった時期だった。
ゲームを介し他人と同じ空間を共有する「場」としてゲーセンは存在価値があると思う。だが現在その場が減ってきている。
news.yahoo.co.jp

場の消失

過去に通った大阪のゲーセンたちも、今確認してみると全くない。存在が確認できたのはゲームディーノとアミュージアム茶屋町ラウンドワン数店舗のみである。

就職先でいろいろあり神奈川に移住。行きつけのゲーセンはあったが、コナミナムコ以外の音ゲーが出始めた辺りから徐々に減っていった。IIDXtricoro~pendual辺り(2012-2015)で筐体のブラウン管を液晶に交換できず閉鎖、という店舗が多かった気がする。tricoroでゲーム画面の解像度が上がったため、コストが上がったり、消費税が8%に(2014/04/1~)なったのも影響しているだろう。

時代はSNSゲーへ、しかし訪れるサ終

しだいに自分もスマホ系のソシャゲに手を出すようになっていた。ブラウザゲ―も流行り、アイドル系リズムゲーもいくつか出始めた。
しばらくするとサービス終了するゲームが出てきたのだが、リズムゲーの中には全く音源化されず終わったものもあった。
hinodai.hatenadiary.jp
昔はゲームソフト+攻略本という組み合わせでモノとしてゲームを残すことが出来た。だがソシャゲの場合はサービスが終了するとゲームプレイ不可、情報を纏めていたwikiもサーバー閉鎖のリスクがある。
上記ゲームは皮肉なことに自分のブログぐらいしか語っている所が無かった。
その後DMMの「ガールズクロスクロニクル」に手を出すが3カ月でサービス終了。
場所を選ばずアクセスできるソシャゲ。便利な面もあるが、場は無いに等しい。数が非常に多く閉鎖した時のリスクは高い。

そして手を付けた「リステップ」

「Re:ステージ!」プロジェクトの楽曲を用いたパズル要素のあるリズムゲーだ。キャラデザインを和泉つばす先生が担当しているということもあり、「このゲームのまとめプレイ動画を上げれば再生数数万でウハウハや」などと思っていた。だが、全く再生数は伸びなかった。
ゲーム性から来る取っつきにくさやシステムの不備、サービス序盤の運営力の不足が影響していた。アクティブ数は2017年11月時点で2000を切るレベルで、マイナーなゲームに属するだろう。
半年や1年でサービス終了するレベルでは?と思った自分は、ブログ記事やwiki編集を行いこのゲームの記録を残そうとしていた。
2018年夏にアニメ制作の発表があった後も、せっかくここまで纏めたのだからとまとめ本を作り冬コミにもサークル参加することになった。
同人イベントという場に、創作物というこだわりの詰まったモノを通じ交流する、その達成感は今までにないものがあった。ただこの件については不手際があったため、もう一回まとめ本を作り参加を考えている。

実はRe:ステージ!アニメ化の準備はすでに2017年冬から始まっていた。2020年に入ってから色々とアップデートがあったが、どこまで持つのか…これからも見守っていきたい。

雑記

これまで

自分のこだわりというか趣味は音ゲー(約十数年前から)と、同人イベ通い(7年くらい前から)です。その両者がきっかけで、リステージのリズムゲーにハマり、「取っつきにくいゲーム性なのに曲が凄い、ゲーム自体どこまで持つんだろう?」と思いながらブログを書いたりや非公式wiki編集(旧wikiは閉鎖、現在は新wiki発足)に力を入れてきました。

昨年の7月にアニメ化が発表され、夏コミ時には「これから盛り上がるんだろうな、自分も何か出したい」と思い始め、2018年は冬コミへの申し込みを決め参加しました。また、ライブイベントにも初めて行きました。

2月末のトラブル

気持ちの整理の為そして周りの人に配慮してGW始めまでの約二か月間謹慎しました。音ゲープレイヤーからの観点や、当事者と会うのを避ける目的を考慮してこの期間になりました。
その間自分はキャプ動画などから数値計測はしていたし、ツアーライブには参加して自分なりにコンテンツに向き合っていました。

一つのコンテンツに夢中になって、良いことも悪いこともありましたが、新しいものが得られたと思っています。他のコンテンツでは黙々とやっていたネクラな時期が長かったですが、リステジャンルでの交流を通じて「こんな自分でもほかの人にいい影響を与えられるのでは」と考えるようになりました。

GW~今年の夏

ツアーライブで大阪に行ったとき、久々にアミュージアム茶屋町というゲーセンに寄りました。そこでDDRのプレイを見てまたやりたいと思い、GWからDDRを再開しました。月100~120クレペースでプレイを続けています。
年明けから色んな音ゲーに手を出していたので、周りに触発されたのだと思います。その分、リステップの数値検証は疎かになってしまいました。

そして夏コミ。前年までの様にグッズを大量に買うことは辞めました。本来ならリステ島の人全員に手紙を出す予定でしたが、文章を書く行為は手間がかかり諦めてしまい、島に行くのを後回しにして他のサークルに2時間ちょっと並び疲れ、ろくなあいさつが出来ませんでした。買えなかった本もあり後悔しています。

これから

今はアニメ版の最盛期で、コンテンツがかなり盛り上がっています。
最近設立された新wikiの編集に力を入れるようになると、誰かの後を追うのではなく新しく開拓している気持ちになり、2年前のリステップサービス初期を思い出しました。最近加筆した旧記事もそうですが、やりこんだものについては何か纏めたい、形にして残したいという気持ちが自分の中にあります。

来年(5月同人イベ)はサークル参加の申し込みを考えていましたが、新wiki編集に力を入れたいので9月のオンリーイベント冬コミを予定しています。

旧wiki(非公式)閉鎖にあたって

5月4日、リステップ旧非公式wiki(https://rst-game.gamerch.com/)の閉鎖が宣言され、5/12より閲覧不可になるようです。なりました。


参考として、私が編集したページを列挙しておきます。
これらの情報をもとに加筆し、システム改善の流れなどをブログに記載する予定です。

【ほぼすべて編集したもの】
・イベント一覧
・ゲーム詳細
・譜面メーカー
・過去の起動画面

【8割ほど編集】
・よくある質問
・用語集
・メインストーリー
 ・動画削除以降、テキストメインでの編集
・スキルについて

【5割程度】
・ゲームの始め方~基本操作まで
 ※既存の記事に加筆修正
・キャラクター紹介 
 ・各キャラのセリフメインで自分が編集
・課題
・検証依頼
 ・ノーツとスキルゲージ(検証中)
 ・ハイスコアチャレンジイベントにおける譜面の難易度倍率
 ・同時配置されたパズルノーツの判定順は左側優先
 ・ランキングイベントのスコアボーナス
ランキングイベについては仕様変更の為現在とは違います

【自分が全く手を付けていないもの】
・キャラクターカード一覧
・アクセサリーカード一覧
・交流、wiki整備
・各楽曲ページ
・テンプレ
・左メニュー【Wikiメンバー】内項目(検証依頼以外)

備考

仕様変更後の更新不足や、各ガチャ産キャラの記述不足はどうしようもなく楽曲のみの更新になっていました。私が過去に貼り付けたプレイ動画も再生数は低く、すでに動画を上げていた人の方が再生数が多い状態が続いていました。
一連の件については、当事者の彼がある程度自分の意見を見ていると思いますので、彼自身の責任で行動していただきたいです。これ以降は無関心でいたいと思います。

本日から復帰します

ひのだいです。2018年末の冬コミにおける創作物に関するグレーな要素を3月中に解消、
ツアーライブイベントは名乗らず一人で楽しみました。詳細と経緯については、以下の記事を確認ください。
hinodai.hatenadiary.jp

2019年2月の某氏告発の際、自分の不祥事に関し創作物に対する甘さと、ネット上の人付き合いの課題が見えてきました。
最終的に決めたのは自分なので、そこは割り切っています。彼に対する考えは変わりません。

本日2019/4/28よりリステップやアケゲー含め以前の活動状態に戻していきます。同人イベントは、来年4月末イベントに申し込みを考えています。
音ゲープレイヤー寄りの考えになっているため、リステップのランキングイベントはあまりやらないかもしれません。

今後も自分はリステップ(リステ)の展開を見守り、語っていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。

備考:身の潔白の証明

  • 私ひのだい(リステップID:)は2019年4月28日4:00現在、以下のスクリーンショットの通り、リステップにログインすることが可能です。

2月末に運営に事情を説明した謝罪メールを送付した上での状況です。
f:id:hinodai:20190428132955p:plainf:id:hinodai:20190428133059p:plain

  • また、以下の動画の手法でTAPノーツ数とスライド距離を手動でカウントしており、端末内部データ解析等の行為は一切行っておりません。

www.youtube.com

  • 譜面数値について集計した結果は以下の通りです。追加曲などは後程更新します。

docs.google.com

創作活動に関するお詫び

概要

私hinodai(@hinostand)は、2018年12月冬コミのリステップを題材にした同人誌(文章メイン)の作成過程で、

  • 当時知人であり旧wiki管理人のQ氏に解析データに該当する数値(譜面のTAP数)を渡され、それを採用、イベントにて頒布してしまった
  • 身近な存在にも拘らず、彼の解析行為に関する発言を注意、止めることが出来なかった
    • 自身のリステ界隈でのコミュニケーションに問題があった
  • 2月末の第三者の告発(鍵アカウントにて解析行為の自慢)を知り、上記のことを振り返り反省、TL上およびブログで謝罪する

という問題を起こしました。スペースに来て下さった皆さま、周囲のサークルの方々、関わってくれた皆さま、その他方々誠に申し訳ございませんでした。
以下の行為を以て償いといたしました。

  1. Q氏のブロック、旧wiki編集の停止
  2. 譜面数値の再検証を行い、解析の要素を排除、同人誌のPDF版公開
  3. 2019/4末のイベント参加時まで名乗らない
  4. 音ゲープレイヤーとしてこのことを反省し、アーケードおよびソシャゲの活動を2019/4月末まで停止

f:id:hinodai:20190221203839p:plain:w150

その後(同人誌データあり)

以降、該当する旧wiki(gamerchサーバー)は5月上旬に閉鎖され、夏頃にwikiwikiサーバーに他の方が新しいwikiを設立されました。
糾弾されたQ氏はアカウントを削除、その後の活動は分かりません。

2020年4月時点にて、今後の同人イベントの予定が不明瞭なため、同人誌再制作は白紙にし新wikiの編集やGoogledocsでのまとめに注力いたします。

譜面の数値(タップ数スライド数)まとめ
docs.google.com
冬コミにて配布した冊子の、譜面数値データ以外の部分(PDF)を公開します。リンク先の右上(その他)からダウンロードできます。
www.dropbox.com

騒動より約一年が経過したため、記事の内容を要約いたしました。要約前→http://archive.today/bUPY8