読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hinodaiの日記

HN名は実在する地名とは関係ありません

【レビュー】R18音ゲー:アイドル☆シチュエーション

※2015年4月下旬に、サービス停止が予告されました(2015/5/18停止予定)改めて記事を書き直そうと思います。

DMMGamesのR18カテゴリーに、 「アイドル☆シチュエーション」という音ゲー2014年9月頃新設された。

レベルは30を超え、大体の曲をプレイしたのでレビューする。

キャラ、楽曲ともに良質。しかし関連性は・・・

世界の危機を救った歌姫に憧れてアイドルを目指す、とかいうストーリーは置いておいて、登場するキャラそれぞれにノーマル、レアカードが存在している。(SR,URは随時追加される模様)
合成(覚醒)して好感度を上げれば、ノーマルキャラでも前戯レベルのイベントを見ることができる。レア、SRURになるとアニメーション付のHシーンがある。まあス○フェスのようなものと思えばいい。

イベント用楽曲以外の譜面は初回クリア時にガチャチケを一枚もらえる(ここ重要)ようなので、課金無しでもそれなりに楽しめる。

楽曲は外注のもので質については問題は無いのだが、登場するアイドルの声優さん(中の人)が歌っているわけではない。その影響かジャケットに登場するキャラはシルエット状態。各キャラに対するイメージがよく理解できないし、この状態で「○○事務所キャラだけでユニットを組もう!」というミッションが8個ほど登場する。勘弁してほしい。

音ゲーとしては、破綻しているレベルの音ズレ

音ゲーパートをプレイしていると、無視できないレベルの音ズレが常時出てくる。

曲によっては、譜面でズレが異なることが確認できたし、ギャルゲーとコラボしたイベント楽曲ですら音ズレしている。

(12月追記)最近の楽曲では音合わせのズレは解消されているが、開始初期の楽曲の音ズレは修正されていない。

ブラウザ内のキャッシュを確認すると、CSV形式の譜面データが確認できた。

フリーの音ゲーシミュレータや、商業ゲーのプロジェクトDIVAでは、BPMを指定して細かく区切った小節にオブジェを配置する仕組みになっているのだが、このゲームでは秒数(小数点三桁まで)と降ってくる位置、フィーバータイムのような演出の開始終了時間が記述されているだけでBPMは指定されていなかった。

f:id:hinodai:20141024064845p:plain

 

なお、2015年2月のバレンタインイベント後、イベントは行われていない。動向があれば、また記事を書こうと思う。