創作活動に関するお詫び

ひのだい(twitter:h_standard)です。
2018年12月、リステップを題材にした同人誌(文章メイン)の作成過程で、
解析データに該当する数値を混入、イベントにて頒布してしまいました。
スペースに来て下さった皆さま、周囲のサークルの方々、関わってくれた皆さま、その他方々
誠に申し訳ございませんでした。
追記(2019/3/24):「現状問題の解決」について、A:実行済み B:完了(3/26アプデ以降未反映) C、D:実行中 です。

1:ゲームデータ解析数値(TAP数)の使用

冬コミ用の同人誌に使用した譜面の数値(TAP数,スライド距離)は、2018年11月上旬からキャプチャ済みの動画を元に手動計測し入力しました。この計測行為はサービス初期(2017年9月頃)にもやっていたため、過去の記事に画像があります。
「全譜面のタップノーツ率数えるの大変だからハードとエキスパ譜面だけにしよう」と呟いた*1ところ、相互フォローだった非公式wiki管理人であるクオン(twitter:quon_rst)氏より「譜面指定していただければ10分で回答できる」と返信がきましたが放置しました。その約3週間後の12月上旬、参考にどうぞとTAP数値を記載したDMが送られてきました。
未解禁譜面の数値もあり、解析データによるものであることは明らかでした。このようなデータが送られてきたのは初めてでした。
12月後半、表の内容を充実させたいという自分の甘えから、計測していなかったEASY,NORMALのTAP数値をそのまま誌内に使用、頒布しました。結果として、手動計測と解析行為による数値が混ざったグレーな内容になってしまい、創作活動の場を汚してしまいました。
(下画像赤部 同様の内容が6p 13~18ページ目)
f:id:hinodai:20190221203839p:plain:w150
なお、DM内容については既に削除致しました。

2:現状のクオン氏の鍵垢の解析行為を知らなかった

彼は別に鍵アカウントを所持していましたが、メインアカウントとのおしゃべり用BOTとして使用していると判断し、フォローしていませんでした。
2019/2/20に第三者によって鍵アカウントでの解析の内容が告発され、運営に通報され対応が始まっています。
本アカウントの呟きが最近静かになったと思っていたため、鍵アカウントにてネタバレレベルの解析行為やフォロワーへの自慢,解説をしていたことに驚き、失望しました。
※この件については、告発者が周知用にtwitterにてモーメントをまとめていましたが、リステップ運営からの回答を受け取った後、まとめを削除しています。このブログ記事は、自身の不祥事と経緯、今後の対応の説明がメインであり、クオン氏を更に糾弾する意図はありません。皆さまご了承ください。

3:イベント後の自分の思考

実は自分は彼を冬コミにサークル参加者(お手伝い)として同席させていました。サークルスペース内で彼が解析行為に関する発言をした際静かにしろと注意するにとどまり止められませんでした。この件について、周囲に迷惑をかけたと思っております。
しかしイベント後は、承認欲求を得られたという満足感があり、解析数値のことやスペース内の発言等ネガティブな要素を忘れていました。
2019年2月の告発を受けて自身の活動を振り返った結果、昨年末の問題点を思い出しました。
考えたのち、採用してしまったデータのグレーな部分を無くしたい、クオン氏との関係も含め諸問題を解消したいという気持ちになりました。

元非公式wiki編集員として

 非公式wikiの編集を2017年11月頃から手伝うようになり、イベント一覧のページをメインに編集するようになりました。
自分がリステップに関し呟くと、クオン氏がたまにお気に入りしたり、リプライしたりするようになっていきました。メインの編集員がほぼ自分だけになった後は、項目を増やしたり、2018年秋~冬は削除されていた動画アカウントの代わりに自分がプレイ動画を上げるようになりました。
こういった関係がきっかけで、彼が自分に数値データを投げようとしたのだと思います。

彼の呟きに関し、危ないことをしていると思ったことはありますが、看過しながら編集を続けていました。
2018年11月にトラブルが起きた際は、次に何かあった場合編集を止めることは考えていましたが、認識が甘かったと思います。
なお、自分が非公式wikiに記載したものに関して、グレーな要素はありません。

彼のお詫び文を見ると、「好奇心が罪悪感に勝ってしまう」ような心理状態なのだと思いました。数値データや冬コミ時の発言も彼の中では悪気が無かったのかもしれません。
「手動で計測するのが自分のポリシーなので、そういったデータはモラルに反します」「こういった発言を続けるのなら、ブロックするしwiki編集もやめる」ぐらいのことは自分は1の時点で言えたのかもしれません。そうすれば彼の行為を止めることが出来なくても、彼を遠ざけることが出来たと思います。

ネット上の付き合いだからと言って、ネガティブなものはスルーすればいいという甘い考えを持っていたと思います。今後は自己主張も含め、同じ趣味を持つ皆様と適切な関係を保ちたいと思います。

リステップ運営であるhotarubi様には、一連の行為に関し2019年2月23日9時40分に謝罪のメールを送付いたしました。

現状問題の解決

交流関係の見直しと、創作物の問題点解消を実行します。
そして、承認欲求を満たすようなイベントでの交流、ゲーム関係のプレイを
ライブツアーが終わるまで制限し、4/28より元の状態に戻していきます。

A:クオン氏のブロック、wiki編集行為の停止[完了]

彼と距離を置くため、モチベが下がったため実施します。
2019年2月22日9時頃に彼のtwitterアカウントをブロックしました。また、非公式wikiの編集行為も停止しました。再開は未決定です。
現在、彼のスクリーンネームが変わっているのは確認しましたし、呟きも確認しました。
○○という気持ちが湧かない、すぐ消えるというのなら、論理的なり理詰め的な手法でも理解していただきたいです。
私が言えるのはこの程度です。互いにいい方向に向かいましょう。

B:譜面数値の再検証を行い、解析の要素を排除[実行済み]

製作物に関し、グレーな要素を無くし公開することで償いといたします。
動画はすべて撮影済みのため、スライド数も追加し3月中までをめどに実施。
同人誌の巻末に書いたように、GoogleDocs辺りにアップロードします。最近のものは対象外です。
→3/24時点で終了。4/28再開以降に各種数値を反映させます。
docs.google.com
※同人誌の前半部は運営のツイートをメインにまとめたものなので、カテゴリ化し情報を付け加え夏頃ブログ記事として掲載します。
冬コミにて配布した冊子の、譜面数値データ以外の部分(PDF)を公開します。リンク先の右上(その他)からダウンロードできます。
www.dropbox.com

C:イベント参加時名乗らない

一般参加者として、しばらくの間はHNを名乗らない範囲で個人一人で楽しむものとして参加します。
二次会の様なものもその時期は避けます。
ライブツアー終了日以降から名乗るようにしたいと思います。
2019年の冬コミは以前から一般参加と決めています。

サークル参加については、心構えなどが必要と判断し1年後の2020年3月以降の参加を考えています。
手伝いについては未定です。

D:謹慎(心の整理)

しばらくの間趣味に関するスタイルを変え、心の整理をしたいと思います。
ゲームによっては、解析に対し厳しいものもあるため「謹慎」という単語を使用しています。決して自分を追い込んでいるわけではありません。
アーケードやソシャゲ等、プレイヤーネーム(ハンドルネーム)が他人に見える様なゲームは、2か月停止し、4/28に再開します。
ツイートもそれまでは控えめになると思います。

最後に

皆様に迷惑をかけてしまったこと、重ねてお詫び申し上げます。
創作物に関する問題の解決、自分の気持ちの整理等を行い
また皆様に向き合いたいと思います。

エビスト所感+2_wEiって何者?

エビストについて

エビスト(8 beat Story♪)はアイドル系のリズムゲーで、2016年5月13日にサービスが開始された。
ちなみにある程度続いているアイドル作品と比較すると

  • Tokyo 7th シスターズのサービス開始日:2014年2月19日(14年10月末、17年7月末にリズムゲーパート大幅変更)
  • Re:ステージ!の1stシングル発売日:2016年3月16日(約一年五か月後にリズムゲーサービス開始)

となっている。
ボタンは8つで、スクフェスの扇形のボタンを展開したような形になっている。ノーツがスクフェス同様に拡大しながら、微妙に曲がった判定ラインに迫ってくるので、最初のうちは慣れるのが大変かも。
f:id:hinodai:20190131230740p:plain
難易度は5段階あるが、4つ目と5つ目のEXPERTとMOTHER譜面はスマホ持ちではフルコンボするのが厳しいレベルのものが多い。PERFECTの判定幅は…ポップンのGREAT判定ぐらいかな?

ストーリーは少な目、曲とジャケ絵で語るタイプ

ストーリーはメインストーリー(10章)とサブ(2章、後述)、イベント(4章くらい?)、キャラ(8人*25程度)の4つがメインで、キャラがLive2D付きで喋るのでそれなりにボリュームはあるのだが、レアカード(SR,UR)のストーリーはボイス無しで5タップ程度で終わる話になっているし、毎月あるランキングイベントにストーリーが付くことはあまり無いようだ。
リステップ(こっちは逆に多い気が・・・)と比べると少ないと感じてしまうが、逆に言えば微課金でもストーリーを十分に楽しむことができる。
また、各楽曲ほぼすべてにジャケット絵が付いているのも印象的だ。
f:id:hinodai:20190131230602p:plain

人間vsアンドロイド

バーチャル空間でのライブバトルにて、人間はアンドロイドに苦戦しており、残ったのは8/pLanet!!(ハニープラネット)のみ。そこにアンドロイドの最終進化形「Type-Z」が登場する。
敵サイドのアンドロイドはサービス開始からしばらくは立ち絵も持ち歌もない仮想敵のような存在として扱われてきたが、8章からは立ち絵ありのキャラが登場。そして10章にて2人組ユニット:2_wEi(ツヴァイ)が登場する。
f:id:hinodai:20190131231748p:plainf:id:hinodai:20190131230401p:plain

2_wEiについて

一見すると「人間どもを絶望させてやるよ!」という印象がするし、純粋に敵だと思ってたが、サブストーリーを読み曲を聴いた後では少し印象が変わった。「昔アタシは人間に絶望した。お前ら共感しろよ!」とも解釈できるし、復讐するために生みの親に会いに行くことは自分のルーツを探すためなんじゃないかとも感じた。
f:id:hinodai:20190131231057p:plain
実質10曲収録のアルバム「Throne of Despair」。毒々しい色のジャケット、そして1トラック目はピー音が入っていてE指定に・・・

オタクの1月病?

何かを表現し、それをちゃんとモノとしてアウトプットできる人はオタクとして強いと、冬コミに評論メインでサークル参加して思った。リステのジャンル内では自分を含め3サークルが初参加?していて驚いたしいい刺激になった。
長期休みが終わり勤務が始まると、5月病に似たけだるさの様なものを感じ始めてきた。夏のこと、今力を入れているコンテンツにどう向き合うか、等を考え気合を入れたい。
冬コミまでにできなかったこと(各譜面の数値関連確認と埋め)を着々とやりつつ、夏コミでは最善の状態で参加したいなと思っている。エクセルで譜面書き起こしもできれば・・・

2019年の予定など+リステップ配色早見表

昨年はブログのリステップ記事が結構読まれたり、冬コミでコピー誌刷って頒布したら無事完売出来てうれしかったです。

  • 差し入れとかを除くと20冊ほど刷りました
    • セブンの複合機はそれなりに時間がかかるので、次は印刷所に頼みます
    • 次出すなら、改定+追記版(出来事メイン)と、攻略の部分は要所をまとめた別誌で出したいな
  • 「噂のムズイやつですよね」とか「EXPERTが全然できない」と言っていた人もいました。
  • 最後の一冊を買ったのはめがね氏でした。ハイスコアチャレンジ1位の人です。「(ハイスコアチャレンジは)エクセルに譜面を書きだして、期待値を出している」とのことです。

エビストにも手を出してしまったので今年はバランスよくやっていきたいです。

↓ペーパーで頒布したリステップ用の配色早見表です。スコア狙いの為によく編成を変える人へ。需要があればどうぞ。

f:id:hinodai:20181225011431p:plain
配色早見表(png)

年末予定(コミケ参加)など

コミケに出ます(3日目東ホ-43a)

サークル名:ヒノディア
「リステップだいたい500日間のまとめ」
リステップについて、約500日間の出来事や全楽曲簡易解説についてまとめたコピー本
だいたい20~30ページのコピー本になる予定です

無料ペーパー

  • エビスト(8 beat Story♪)の2_wEi(ツヴァイ)に関する簡単な説明文を配布します。最近やりこみました。
  • リステップ全曲配色早見表 ※希望者のみ

その他

  • 2_wEiに関する説明は加筆したものをブログでも出します。
  • アニメ放映前にリステージの特徴説明みたいな記事を書きたいなあ。

だいたい500日経過!思考型リズムゲーム「Re:ステージ!プリズムステップ」は生き残れるのか

だいたい500日経ちました

f:id:hinodai:20181202005652p:plainf:id:hinodai:20181202005742p:plain
左:7月頃~10月(ライブ用のイラスト)、右:12月上旬現在のTOP画面。新シングルのジャケ絵が使われている(Heroic Spark)。
一年前にリステップに関する記事を書いたhinodaiです。今年はアドベントカレンダーの2日目(6日遅れましたが・・・)担当です。
adventar.org
思考型リズムゲーム「Re:ステージ!プリズムステップ」は生き残れるか? - hinodaiの日記
2017年8月よりサービスを開始してから、もうすぐ500日が経過する「Re:ステージ!プリズムステップ」。やりこんでたら総合力10位以内に入ってしまいました…
f:id:hinodai:20181208233331p:plain
総合力ランキングとスコア順位一部。
そんなベテランの目線から、
・高難度化するリステップの譜面傾向、そして譜面エディット機能・・・?
・実は奥深いリステップのスコアタ要素
・アニメ化を控え今後の課題
を解説したいと思います。

高難度化するリステップの譜面傾向

2017年8月、リステップがサービス開始した頃にとあるプレイ動画が話題になりました。総ノーツ400台でサービス当初ボス曲レベル、ボタンを頻繁に入れ替える譜面です。(Stage of Star[HARD譜面])
かなしばり on Twitter: "最近リリースされたスマホの音楽ゲームが完全に脳を殺しに来てる… "
※呟きの方の動画は音ズレの不具合があるためyoutubeの動画を貼っておきます。
www.youtube.com
今では譜面の多様化やEXPERT譜面追加もあり、ノーツ数400台の譜面の中では最弱レベルになっています。
上の動画は入れ替えといっても、隣接ボタンを一回入れ替える動作ばかり。
物量譜面に対し色を合わせに行く形式の譜面は、2018年から追加され始めたEXPERT譜面でもよくあったのですが、それとは別の譜面表現が目立ってきました。

ロングノーツ風「拾わせる譜面」

f:id:hinodai:20181202014528j:plain
ステラマリスの楽曲「Brilliant Wings」HARD譜面の一部分。
このリズムゲーにロングノーツはありませんが、パズルノーツを連続で並べることで疑似的に表現できます。上の画像では両端のノーツを真ん中までスライドさせるための配置です。(右端赤を真ん中まで、左端緑を真ん中まで)
他のリズムゲーで言うならdynamixのフェードとか、SDVXのつまみなどが似てるかもしれません。
このレベルの譜面だと、はじくように一回だけ入れ替える動作では足りず、タップした後スライドする動作が必須です。リズムに対し先行して色を合わせることが多いので、こういう譜面パターンでスライドが早すぎると抜けることがあります。ギリギリまで引き付けてスライドするか、判定を目視or音で確認しながらスライドしないと難しいですね。

STG風「避ける譜面」

f:id:hinodai:20181202232226p:plainf:id:hinodai:20181202234034j:plain
黄ボタンを端までスライドさせる配置。配色で黄色が1つしかない場合この手の譜面の可能性が高い
落ちてくるノーツを避けるように入れ替える譜面は前からあったのですが、まるで壁の様に降ってくるパズルノーツを避ける譜面も目立ってきました。譜面にもよりますが、端から端へスライドさせる譜面も。リステップが避けゲーとかシューティングゲーとか言われる理由はこれです。

譜面作成機能が追加

譜面は着実に難化していますが、そこへ一石を投じる機能が追加されました。「譜面メーカー」なる譜面作成機能です。難化の例をユーザーに委ねようとしているのでしょう。


7周年… 運営のゆるさを体現した呟きである。
現在投稿されている譜面は100未満ですが、傾向として気になったのは

  • 避ける譜面を更に特化したもの
  • パズルノーツとタップノーツが混ざった物量譜面
  • 真ん中よりも左右に寄った同時押し配置

辺りです。ダメージ量はイージー譜面相当の12、ジュエル消費無しで再開可能なので、譜面配色にあった回復スキル持ちキャラを使えば楽にクリアできますが・・・物量譜面ではいったん入れ替えを間違うと復帰はかなり難しく、思考型リズムゲーとしてのシステムの限界が感じられました。

f:id:hinodai:20181204224056p:plainf:id:hinodai:20181204224127p:plain
高難度のエディット譜面の一例。
f:id:hinodai:20181205020438p:plain
中にはノーツ数800台の譜面も(999ノーツが限界)。コンティニュー回数まで表示される仕様。

実は奥深い?ハイスコアチャレンジのスコアタ要素

2018年4月から実施されてきた「ハイスコアチャレンジ」は、普通のランキングイベントの様な課金主義のイベントとは違いました。全員が同じユニットでプレイし(配置は変更できる)、スコアに対し精度と残りライフのボーナスを掛ける仕様です。最初の配置を最適化すれば総合力はほぼ同じ
精度を上げればみんな横ばいのスコアになるんじゃ?運ゲー?・・・と思った人もいると思いますが、違います。

f:id:hinodai:20181202215109j:plain
リザルトはこんな感じ。パズルノーツは±0ms扱いだからタップ精度は表記より大きい。
これまでの結果では、一位と二位がほぼ常連で、一位の人に至っては下位の人に対し2~5%程度のスコア差を付けています。
その秘密は「スキル発動タイミングの調整」です。
1:スキルゲージをなるべく適正色キャラに集める
2:なるべく多くのノーツがスキル対象になる箇所でスキル発動
問題は2番目。簡単な例を挙げたいと思います(下画像参照)
f:id:hinodai:20181204210622j:plain
右側の赤がゲージスキルを発動しそうだ・・・
ノーツの色とスコアupスキルの色が一致している状況で、次の同時押しで右側赤ボタンのゲージがMAXになりスキル発動、という場面。

  • 右側を気持ちはやめにタップすれば、左側がスコアupスキル対象になる
  • だが待ってほしい、真ん中の赤と入れ替えて後で一気にスキル発動させれば点数上がるんじゃ…?

真ん中に赤ボタンが3つ並んでいる単純な例ですが、とっさに判断して入れ替えるのは難しいです。実際の譜面はさらに複雑。
極論を言えば譜面を書き起こして、スキル発動の箇所を吟味する必要があるでしょう。
そんなことを考えながら呟いていると、2位常連の人からリプライが。


エクセル等の表計算ソフトに譜面を書き起こし、スコアアップスキルの発動タイミングを最適化して…とかやってそうですね。
無茶な動きというのは、離れたボタンをダイレクトに入れ替える方法のことでしょう。横にスライドするのでは無く、弧を描くように離れた箇所のボタン同士を入れ替えるやり方です。これを多用すればゲージを細かく調整することが可能です。
f:id:hinodai:20181204214358j:plain
弧を描くようにドラッグすることで、離れたボタン同士を直接入れ替え出来る。
一例として動画を撮りました。真ん中のキャラのスキルが曲の色とあってないので、右端の紫ボタンと頻繁に入れ替えしています。スキル発動タイミングは何も考えていないので参考までに。
www.youtube.com
ただしハイスコアチャレンジにてこれをやるのは難しいと思われます。単色だけでなく複数の色のゲージを意識しながらとっ替え、難しい譜面なら物量も捌かなければいけないし、精度もキープしなければいけないからです。
…頭が痛くなってきたので次に移りましょう。

リステージ、リステップのコンテンツはまだ続く

2018年11月前半には、リステージのファンにとって不安な出来事が複数ありました。

  • コンプティークからリステージ特集が消えた
  • youtubeでの生配信仕様変更(序盤のミニドラマが無くなった、KiRaRe以外の声優さんも登場)
  • 他社のアイドルゲーム「あおガル」「ときドル」等がサービス停止宣言

11月16日のライブ応援配信では、アニメ版のティザームービー公開の後に、プロデューサーの椿本氏が「リステージはまだ終わりません」と発言しました。
リステップもまだ続くと解釈してよいでしょう。
rst-anime.com
 しかし、アニメ化(2019年内)に向けて、このゲームはいくつか問題を解決しないといけません。
というのも、ランキングイベントでのアクティブ数が10、11月と1500人を切っているからです。

立て直す方法:コラボ?システム大幅改修?

過去にリステップは2回コラボを実施しました(ゆるゆりらき☆すた)。特に後者は、6月末~7月の鷲宮でのイベントにも参加。リステップのリアル大会も行われました。しかし数か月経つとユーザー数は元に戻り今の状況に。コラボもいいですが他の対策も必要でしょう。
 スクフェスデレステはアニメ開始の1~2か月前にサービスを開始し、アニメ効果でユーザーを更に増やす手法を取っていた記憶があります。2019年内にアニメがあるので、4~6月か7~9月、または10~12月の放映に合わせリステップで大幅にシステム改修を行いユーザーを取り入れやすくするのが理想的でしょう。
取っつきにくいリズムゲーパートをよくある仕様にしてしまえばいいと思うのですが、リステップの独自性が失われてしまうため、難しい所ですね。

システム改善は進むが、微課金勢に対しては厳しいランキングイベント

サービス初期に比べると、

  • タップ領域が拡大しタップミス軽減
  • ダメージ量減少(例:HARD80→40減少に だがEXPERT追加こちらはダメージ80)
  • 2018年7月にはAP制廃止でプレイし放題
  • クイックリトライ機能追加
  • 判定調整等基本的な部分の整備

など遊びやすくなっている面はありますが、ランキングありイベントは厳しくなっています。
以前よりも課金勢が優遇されるようになりました。AP制度が廃止、AP倍消費も廃止されたためイベント獲得ptを増やすアイテムの効果が上方修正された結果

  • イベント時のガチャのおまけにpt10倍チケット10枚付与
  • 中度の特攻値を持つアクセサリもおまけで貰える

という仕様になりました。
イベント期間外でも、期間限定(季節ネタ?の)ガチャに封入されている☆4は特攻値を持つようになったため、イベント以外でガチャを引く人もある程度は救われる仕様に。
以前はイベント前にだけ確定ガチャがあったのですが廃止され、その代わりにキャラ別のピックアップが導入されました。10連の最後に☆4演出があれば確実に目当てのキャラが貰える仕様です。ただし、数万単位で課金する人向けでしょう。
重課金者の中には、☆4キャラを4凸*1させてイベントを走る人もいるぐらいです。過去に推しキャラ以外の☆4キャラばかり引いてしまった人がいたため、ピックアップが導入されたのではないかと推測されます。
なお、☆3キャラにコンテンツ要素が全くない(ストーリー無し、キャラ追加全くなし)ことを考えると、10連ガチャの☆3保証はあまり意味がありません。つまり微課金プレイヤーには厳しくなっています。
イベントでもポイント報酬のキャラはイベ前にガチャを引かないと獲得は厳しく、順位報酬になると1万程度ガチャに課金しないと安定しません。

f:id:hinodai:20181203023004p:plain
☆4 ピックアップの仕様。9%枠があるので期待値は高めかも。
f:id:hinodai:20181202010930p:plain
イベント用の特攻対象キャラ。一か月分の☆4キャラが該当…16人!?
11月にはイベントの報酬キャラ2人も含め、☆4キャラは全ユニット18人が用意されました。それぞれのキャラのファンにとっては嬉しいかもしれませんが、多すぎないか…これを半年や一年後どう復刻するのでしょうか?現に一年前のイベント報酬キャラは入手できる手段が用意されていません。凄く不安になります。
他のゲームだと、プレイ初回時や定期的に5000円程度で☆4キャラが選べるガチャが用意されてたりするんですが、そういうのが無いんですよね。誕生日ガチャ*2や、月一回2万程度課金すると復刻キャラが選べる仕様はあるんですが・・・
ということで万単位で課金しないと救われない仕様になっています。最近は微課金勢(特に学生さん)が冷めている感じがしますね。微課金or無課金勢が減るとソシャゲとして課金する意義がなくなるので、アニメ化以降何とかしてほしいですね。

終わりに

色々と語ってきましたが、リステップはアイドル系のリズムゲーの中では
パズル要素、運営のゆるさ、アニメ化など、他よりも存在感を持っている気がします。
これがアニメ放映やライブイベントを重ね今後どうなっていくのか期待しましょう。
来年のアドベントカレンダーは・・・この続きが書ければいいですね。

*1:限界突破(通称:凸)を最大の4回まで行うこと。つまり同キャラを5回引いている。

*2:18人いるからほぼ毎月、2500有償ジュエル

2018年12月記事の予定

じつは冬コミに申し込んでいるので(サークル名:ヒノディア)受かれば3日目東ホ43aリステップのまとめ本(評論系)をつくります
現時点で遊べる曲の情報まとめと500日間のまとめかな

12月頭に書くブログ記事ではぶっちゃけて話しますが冊子では備忘録な感じで淡々とまとめたいですね
今纏めないと次は無いか、新しい仕様になっているかもしれないので・・・

音ゲーマーたちの発信所用記事概要

リステップとときドルについて。後者は出来れば・・・
adventar.org

リステップ 約500日経ったけどまだ続くのか

高難度の譜面傾向(パズルノーツの配置)

  • サービス初期のボス曲が、今はノーツ400台の曲の中で簡単なレベルに
  • EXPERT譜面追加、ハイスコアチャレンジイベ追加で譜面難化が進む
    • スライドのテクニックが要求される譜面が増えた
      • 避ける譜面:ノーツを壁に見立て
      • 拾わせる譜面:ノーツをロングノーツに見立てて

ハイスコアチャレンジ

  • 全員が同じユニット(フレンドを適切に決めれば同じ総合力になる)でスコアを競う
    • 運ゲー?理論値とか出るんじゃ?→違う 上位に数人常連が居る
    • 理由は、スキル発動タイミングの調整
    • 突き詰めれば、STGのスコアタレベル?

エディット機能の追加(ベータ段階)※これだけ先行公開するかも

  • スマホだけで譜面エディットできるリズムゲーの中で グレー要素が無く、動画を借りたりしてないので余計な通信処理もない

↓参考リンク
matome.naver.jp

  • でも、アイドルゲーでやる意味ある?
    • 他ゲーとの差別化を図っている
    • アピールのための手段?
    • 運営がゆるいので実現した?
  • 既存譜面の傾向説明
    • 偏った同時押し無し(スマホ向けの為)
    • だいたい左右対称
    • 仕様的に、配置はしやすいよね
  • 上記を踏まえ、どういう譜面が来るのか予想

リステップのこれから

アニメ化まで持つ?

  • このまま無理やり持たせるのか?
    • アプリ自体、声優生配信時のツールとして大事
    • 気になる作画のばらつき:テトラルキアとトロワアンジュはゲーム画像が殆ど
    • 脳ゲーだけど個性としては大事?
  • システム刷新か?
    • アピールしても空回りな現状
    • なぜ必要か:世間のイメージは今だ脳ゲー動画
      • 動画:約1万RT、それに対しコラボ決定やRTキャンペーンは数千程度
    • ナナシスやエビストと比較して・・・
  • コラボはどうなるの?
    • すでに2作品とコラボ済み

グラディウスメドレーのためにときドルやりこんだので、長所短所の考察

  • コミュ多すぎてテンポ悪い
  • ボイス意外と少ない?
    • ガチャ引いてもあんまり要素増えなくね?
    • 課金の度合いに関わらずストーリーを楽しめるとも言える
    • じっくりやらせたいのかも
  • ジャケ絵抽象的すぎ、SD絵も微妙
  • インスト曲(ゲームBGMメドレー)が多い意味
    • 狙いはおっさん世代?
    • かつてBEMANIは硬派だったが軟化してきた
    • だが最近アーティストの露出が・・・
  • ナナシス辺りをライバルとして長所短所をおさらい?何故終了決定した